スポンサーサイト   【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルETFオープン   【バランス型】

国際投信投資顧問は「グローバルETFオープン」を9月12日に設定する。

【ファンド名称】
グローバルETFオープン

【愛称】
なし

【設定日】
平成20年9月12日

【当初募集期間】
平成20年8月7日から平成20年9月11日まで

【販売手数料】
上限2.0%

【販売会社】
三菱UFJ証券株式会社
株式会社三菱東京UFJ銀行

【信託報酬率】
0.84%
実質的な信託報酬率(概算)*は、年率1.20%±0.05%(税込)程度

【ファンドの特色】
a.ETFであるiシェアーズ(R)※(iShares(R))を通じて、幅広く分散投資を行います。

※ iシェアーズ(R)とはバークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループが設定・運用するETFのブランド名です。

(a)金融商品取引所上場の投資信託証券(以下、「ETF」といいます。)を通じて、実質的に世界各国の株式、債券やコモディティ等へ分散投資を行います。

(b)ETFへの投資にあたっては、バークレイズ・グローバル・インベスターズ・グループ(以下、ファンドの特色において「BGIグループ」といいます。)が設定・運用するiシェアーズを対象とします。

(c)当面は、新興国株式、インカム、先進国株式・国債、インフレ対応の4つの資産区分を選定し、この投資目的に適したiシェアーズを組入れます。

(d)当面の資産配分は、概ね「新興国株式10%、インカム20%、先進国株式・国債30%、インフレ対応40%」とします。

インフレ対応等、4つの資産区分に注目し、新しい分散投資を実施します。

○  投資にあたっては、当面運用再委託先であるバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社(以下、ファンドの特色において「BGI社」といいます。)が選定した4つの資産区分から、iシェアーズ(ETF)を選定し、各iシェアーズを通じ以下の資産を実質的な投資対象とするように運用します。配分比率については、BGI社独自の手法に基づき決定します。また、為替は実質的な外貨建資産の50%程度をヘッジします。

 (注)選定したETFを「指定投資信託証券」ということがあります。

b.原則として、実質的な外貨建資産の50%程度について為替ヘッジを行います。

(a)為替変動リスクに対応するため原則として、実質的な外貨建資産の50%程度について為替ヘッジを行います。

※ 前記の50%という比率は、BGI社による計量分析等の結果、効果的な比率として、各資産区分への基本配分比率と共に算出されたものです。

(b)為替ヘッジは、iシェアーズの表示通貨ではなく、組入れiシェアーズがベンチマークとしているインデックスの通貨構成等に応じて行います。

(c)なお、ファンドで直接組入れている米ドル、ユーロ、ポンド以外の通貨については、インデックスの原資産との連動性を考慮して前記通貨のうちから予め定めた通貨により為替ヘッジを行います。

c.隔月に決算を行い、収益の分配を行います。

(a)毎年1、3、5、7、9、11月の20日(休業日のときは翌営業日)に決算を行います。

(b)隔月の決算時に収益分配を行うことを目指します。

ただし、第1期の決算日は平成20年11月20日とし、第1期の決算時には原則として分配を行いません。

また、毎年1月および7月の決算時には、委託会社が決定する額を付加して分配を行うことがあります。

※収益分配金は一定の分配金額をお約束するものではなく、委託会社の判断により、分配を行わない場合もあります。



d.運用指図に関する権限をバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社(BGI社)に委託します。

(a)円建短期金融資産の運用を除く、この信託の運用指図に関する権限を委託します。

(b)ETFへの投資にあたっては、BGIグループが設定・運用するiシェアーズを対象とします。


  

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fundweb.blog116.fc2.com/tb.php/73-b5bcc8c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。