スポンサーサイト   【スポンサー広告】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日興インフレ戦略ファンド(資産成長型)   【バランス型】

日興アセットマネジメントは、「日興インフレ戦略ファンド(資産成長型)」を7月31日に設定する。

ファンドの詳細は以下のとおり。

    設定上限額:2000億円

    分類   :追加型証券投資信託/ファンド・オブ・ファンズ

    手数料  :3.15%を上限に販売会社が決める

    信託報酬 :純資産総額に対し年率0.95025%(税込み)

          *投資先ファンドの信託報酬等を含む実質的な信託報酬は年率

          1.94025%程度(税込み)になる見通し

    販売会社 :日興コーディアル証券


1)新興国を含めた世界の物価上昇を捉えることで、インカム収益の獲得と中長期での資産成長をめざします。

・3つのインフレ対応戦略により、インフレリスクをヘッジすることをめざします。

・3つの戦略への資産配分※は日興アセットマネジメント アメリカズ・インクが行ないます。

・外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行ないません。

※資産配分は、当ファンドが投資対象とする外国投資信託において行ないます。


◆グローバル農業戦略

世界的に需要が高まっている農産物に関わる企業の株式に投資を行ないます。

・生産効率の拡大に関与する企業に加え、バイオ燃料や灌漑(かんがい)設備、食品・畜産加工業などの農業企業、および食品販売企業などの株式へ投資を行ないます。

◆コモディティ戦略

資源・商品価格の上昇を捉えることをめざして運用を行ないます。

・商品先物市場に投資を行ない、S&Pゴールドマン・サックス・コモディティ・インデックス(GSCI商品指数)の4つのサブインデックスに均等配分した戦略ポートフォリオのパフォーマンスを上回る投資成果をめざします。

・実際の運用にあたっては、マクロ情報やミクロ情報、市場動向などを勘案し、前述の4つのサブインデックスの組入比率をアクティブに調整します。加えて、サブインデックス内でもアクティブに商品(銘柄)選択を行ないます。

コモディティ戦略では、先物取引などを活用し、その余裕資金相当額を、インカム収益の確保と効率の良い資産配分をめざし資源国通貨戦略で運用します。

◇資源国通貨戦略

資源輸出国※の中から、経常収支・財政収支など各国のファンダメンタルズを勘案した上で、流動性などリスク管理の観点も検証して投資対象通貨国(ユニバース)を決定します。

※輸出全体に占める天然資源などの割合が大きい国、商品の輸出額が輸入額よりも大きい国などを指します。

◆物価連動債券戦略

高い金利収入の獲得をめざし、主として新興国の物価連動債券に投資を行ないます。

・元本部分がインフレ率(主に消費者物価指数)に連動して増減する仕組みの債券で、インフレ率がプラスになった場合でも、物価上昇に連動して元本が増加するため、利払額や償還額が増加します。こうしたことから、インフレに対する抵抗力があると考えられます。

・利息(利払い)は、インフレ率によって調整されたあとの元本金額(想定元本)に対して決定されます。

・一般的に新興国の金利水準、物価上昇率は先進国よりも高くなる傾向にあります。


3)各戦略の運用は、グローバル投資に豊富な経験を持つウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーが行ないます。

ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーは、マサチューセッツ州ボストンに本拠を構えるアメリカの独立系投資運用会社です。その起源は1928年に遡り、アメリカでも最も歴史のある運用会社の一つです。自社ブランドでの投信販売は行なわずに、純粋に資産運用業務のみに専念しています。その運用資産額は約5,429億米ドルにおよび、アメリカでも最大手の一角を担っています。(2008年3月末現在)

4)投資信託証券に投資するファンド・オブ・ファンズです。

・以下の投資信託証券を主要投資対象とします。

○ケイマン籍円建外国投資信託

「グローバル・インフレーション・ストラテジー・ファンド クラスA」

○証券投資信託

「マネー・マーケット・マザーファンド」

※上記は、本書提出日現在における投資対象とする投資信託証券です。

・投資対象とする投資信託証券については、収益機会の追求やリスクの分散などを目的として、適宜見直しを行ないます。この際、定性評価や定量評価などを勘案のうえ、新たに投資信託証券を指定したり、既に指定されていた投資信託証券を外したりする場合があります。


  

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fundweb.blog116.fc2.com/tb.php/63-192a61cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。